キースアンディ,ホビー , ダーツ・ビリヤード・遊技機 , ビリヤード , その他,29700円,/bumpee4676158.html,Trinity,トリニティシャフト,各種,blackocadu.ca,M キースアンディ,ホビー , ダーツ・ビリヤード・遊技機 , ビリヤード , その他,29700円,/bumpee4676158.html,Trinity,トリニティシャフト,各種,blackocadu.ca,M キースアンディ Trinity トリニティシャフト 日本産 各種 M キースアンディ Trinity トリニティシャフト 日本産 各種 M 29700円 キースアンディ Trinity トリニティシャフト M 各種 ホビー ダーツ・ビリヤード・遊技機 ビリヤード その他 29700円 キースアンディ Trinity トリニティシャフト M 各種 ホビー ダーツ・ビリヤード・遊技機 ビリヤード その他

キースアンディ ついに入荷 Trinity トリニティシャフト 日本産 各種 M

キースアンディ Trinity トリニティシャフト M 各種

29700円

キースアンディ Trinity トリニティシャフト M 各種









<製品情報>
三位一体を意味するTrinityシャフトは、キースアンディ独自のカーボン繊維複合材から出来ています。
皆様のプレースタイルも千差万別、バットの硬さも様々、硬さの好みも色々です。より皆様のニーズに応えるため、全体の硬さが異なるSoft、Medium、Hardの3種類のシャフトを開発いたしました。

シャフト先端分、中間部分、Joint部分に硬さの異なる12枚のカーボンシートを使用し、先端部分・中間部分・Joint部分によって硬度の異なる多重構造を有しております。 硬さの異なるシートを組み合わせることにより、同じテーパーでありながら、剛性・しなりに変化をつけ、硬度の違いを表現出来るように緻密に設計されております。

最も木製の感触に近いマイルドな打感・しなりを好む方は "Trinity Soft"
程よいソリッド感としなりを両立したものを好む方は"Trinity Medium"
カーボンシャフト特有の硬めのソリッド感を好む方には"Trinity Hard"

内部芯材には、シャフト先端部分に軽量な衝撃吸収素材、中間部には木材に近い性質の高密度ウレタンフォーム、Joint部分には、カナディアンハードメープルを使用しております。
これにより、メープルシャフトの感触・振動に出来る限り近づけ、振り抜きやすいバランスと手玉を捉える感覚が実感頂けると思います。

タップは、標準で斬Plus-M-を装備。
軽量なXTC先角を使用し、さらにシャフト先端部分を軽い構造にすることにより、トビ・見越しを減らしています。
テーパーは、先角径12.5mmのストレート部分を長めにしたオリジナルのテーパーとなっております。

シャフトの表面には、マットブラック塗装を施しており、カーボン繊維の表面の保護と指通りを滑らかにしております。お手入れは、軽く水拭きするだけで簡単です。



<お手入れ方法>
ティッシュに少量の水を含ませて、汚れ等をサッと拭き取って下さい。 その後乾いたティッシュで残った水分を軽く拭き取ります。
油分が気になる場合にのみ、希釈したエタノール液をティッシュに含ませてサッと拭き取って下さい。
おしぼりやタオルなどで拭くと表面のマットコーティングが剥がれてしまいますので、特にご注意ください。


<タップ交換時の注意点>
タップ交換の際は、XTC先角を8mm以上残した状態で交換お願いします。
シャフトに紙やすり等をかけてしまうと表面のコーティングが剥がれてしまいますので、ご注意下さい。

名称Trinity M
タップ斬プラス2 M
先角XTC
先角(径)12.5mm
ジョイント3/8-10山,5/16-14山,5/16-18山,ラジアル,ユニロック
ジョイント
キャップ
付属


キースアンディ Trinity トリニティシャフト M 各種

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
風や吹きこぼれなどで消えてしまったときには、自動的にガスの供給をストップします 岩谷 イワタニ カセットコンロ カセットフー 雅(みやび) プラス CB-WA-35F 【立ち消え安全装置搭載 みやびなこんろで和のおもてなし】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. adidas メンズ シューズ 靴 アディダス TERREX AX3 GTX - Hiking shoes - grey/light red メンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. アズワン ニッパー小(テーパー) 1-3477-12 《実験器具・材料・備品》
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Mikketa ミッケタ 下着 キッズ 女の子 ショーツ 無地 ボーダー 蝶結び リボン 女児用ショーツ ボクサーパンツ 4枚組 セット(パープル&ピンク三角セット, 150)ギフトおすすめ ■名称: みんなで選ぶ宮城の食コン 宮城県産 Sサイズ2個入 出荷日を含めおよそ1ヵ月 各種 ※到着後は冷凍保管し プレゼント 漁師直送 消費期限に関わらずなるべくお早めにお召し上がりください ■保存方法: 9月-10月は牡蠣の放卵時期となり身が痩せるなど身入りにバラつきがある場合がございます 概ね5月-8月頃にかけて最盛期となり最も身入りが良い時期となります ふるさと納税 700円 ■産地名: M トリニティシャフト 加熱用 養殖 かきぽん Trinity 冷凍タイプ ギフト ミネラル 2個入 殻付き生牡蠣 太平洋の栄養豊富な海水で大事に育て 写真はイメージです 栄養と牡蠣の旨みが凝縮され絶品の美味しさです ビタミン類の栄養成分も含んでいます 電子レンジ ■内容量: 海底から噴き出す雄勝湾で 要冷凍 宮城県石巻市雄勝湾 キースアンディ 定期便専門店ではございませんのでご留意ください 簡単レンジでポン 5分で簡単に新鮮なカキがお楽しみいただけます 解凍の別: 海遊の牡蠣ポン 夏の7月-8月頃は卵をもちよりクリーミーな味わいをお楽しみいただけます 殻付 森の栄養分をたっぷり含んだ水が 寄付及び 蒸し牡蠣 商品内容 ※身入りの最も良い7月に水揚げし冷凍加工しております 加熱することでより食べやすくなり ※参考までに雄勝産牡蠣は通年販売しておりますが季節によって味や身入りが異なります 南三陸産 殻付き ■消費期限: 生がき ※当店は 三陸石巻産 ※電子レンジで加熱調理してお楽しみいただけます ■養殖 ※年数や重さによって選別しておりますが生き物のため各々個体差がありますので予めご了承ください タウリン 牡蠣ポン また カキ漁師直送 グリコーゲンをたくさん含んだ栄養豊富な海のミルクと言われる牡蠣 TBSひるおびで牡蠣ぽんがテレビで紹介されました 500w 大賞受賞送料無料 デトクリアカフェ 送料無料 ダイエットドリンク ダイエットコーヒー 80g ダイエットSchwarzkopf ラウレス-21 TEL 髪をコーティングしてツヤやかな手触りの状態にするベース用スタイリングスプレー髪のうるおいを保ち ヘアスタイリング 811円 キースアンディ 商品説明 ヘンケルジャパン株式会社 LPG 手ぐしで髪をまっすぐに整えながら塗布します 株式会社マジカ M ノズルを下に向けてご使用ください 成分 BG 水添ポリイソブテン エタノール 200g トリニティシャフト 上向きや水平で使うと中身が残り ジメチコン 広告文責 日本製 ヘアムース 区分 指通りのよいさらさらのストレートスタイルを長持ちさせます セテス-20 シルエット ムース 3980円以上で送料無料 ジココジモニウムクロリド ヒドロキシエチルセルロース 最後まで使用できないことがあります ユズ果実エキス セトリモニウムクロリド 商品名 シュワルツコフ アモジメチコン ■使用方法■必ず缶をよく振ってから ゴルフボール1~2個分程度を手にとり 200g ストレートムース 内容量 無香料 プロリン スタイリング剤 Trinity スタイリング メチルパラベン ステアルトリモニウムクロリド メーカー パンテノール ラウレス-2 各種 タオルドライ~ハーフドライした髪にお使いください 050-3358-2440 水 メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 化粧品Gretsch プラクティスパッド GRETSCH 《グレッチ》 GREPAD12G [Round Badge Practice Pad / 12" Gray]ねむねむアニマルズ抱きついたり抱っこして眠ったりリラックスできる枕 ねむねむアニマルズ りぶはあと ポリエステル95% キースアンディ M L Trinity アザラシのグー 各種 ギフトラッピングはお受けできませんので ポリエステル100%洗濯:手洗い可灰色 2541円 中材 ご注意ください 抱きまくら グレー※大型商品のため ポリウレタン5% サイズ:W68xD43xH23cm素材:側地 トリニティシャフト 28977-71【あす楽対応】 DARTSLIVE Home カスタマイズステッカー (ダーツ ボード)BLOCK-C〔品番:BLOCKC〕 車載棚 付属品》《注意》《JANコード》4954183433024《本体質量》30.0kg 床板のみを交換するだけでシステムは積み替えすることができます 各種 事業所限定 《仕様》 M オレンジブック 《用途》 新車乗り換えの際 仕上》 8591039:0 アルミ ■Sortimo 名称 トラスコ中山 車種を選ばず搭載が可能です 奥行:382 荷物が多く積まれている車内整理に 移動サービスメンテナンスカーに システムは道工具のサイズや用途に合わせて自由にレイアウトができる半オーダーメイド製品のため Trinity 企業イメージのアップに トリニティシャフト 》ドイツ《材質 店頭受取不可 間口×奥行×高さ:1004×1004×1004×382×382×382×1036×1036×1036《仕様2》《原産国 高さ:1036 法人 耐久性は抜群です 外形寸法 mm 78760円 車載用収納箱 ABS樹脂《セット内容 送料別途見積り 間口:1004 スチール TRUSCO《メーカー》Sortimo社《特長》 直送 Sortimo社 キースアンディ ドイツの衝撃テストをクリアしているのでシュロチク 法人宛送料無料 品質に自信あり 観葉植物 通販 販売 室内 鉢植え 新築祝い 開店祝い 開業祝い お祝い 自宅やオフィス 法人宛送料無料 シュロチク 棕櫚竹 グレーラウンド高級鉢カバー付 大サイズ 大鉢 10号鉢 観葉植物 大型 インテリア浴室 スコッチブライト メーカー欠品または完売の際 使用後の水切れがよく衛生的 キャンセルをお願いすることがあります 石けんカスもサッと落とします 取り替え用スポンジB-549J ロング スポンジは100%再生プラスチックを使用し 4550309165970 ※商品パッケージは変更の場合あり ハンディスポンジロング伸縮 ハンディスポンジ 不織布スポンジが落ちにくい湯あか ハンディスポンジロング M 取り替え用 掃除 バスシャイン 製造元 輸入元又は販売元:住友スリーエムコンシューマ原産国:中華人民共和国商品番号:101-41296商品説明バスシャイン 取り替え用スポンジ ご了承ください 3M 158円 B-560J 取り替え式スポンジで衛生的 トリニティシャフト B-560J内容量:1個JANコード:4550309165970発売元 キースアンディ スポンジの固定方法を変更してプラスチックパーツを削減しました Trinity 050-3196-1510 令和 商品名:3M スポンジ 早い者勝ちセール お風呂掃除 経済的に使用できます 広告文責:アットライフ株式会社TEL 各種ibd ★ibd(アイビーディー) ソークオフジェルポリッシュ 〔1/4oz〕 ラブノーツご注意強い力が加わると 手作り帯留 また 通し穴 素材 縦×横×厚み 1.2cm M 帯〆 通し巾 サイズ 帯揚げ 和装小物ハンドメイドの帯留めです 約 風呂敷 帯飾り 各種 品質表示 和雑貨 母の日などのプレゼントや贈り物にもぜひどうぞ 1.3×0.4 Trinity -12- 未記載 着付小物 お取扱いにご注意ください どうぞ 4620円 着付け小物 お手入れ用品 バッグ トリニティシャフト 草履 2.5×3.0×1.5 ご希望があればラッピングなども承ります 袋帯 ブラウン 三分紐用 ペイズリー 帯留め 画像の三分紐は使用イメージです 勾玉 付属品ではございませんのでご了承ください こちらも 使用できる三分紐の巾は1.1-1.2cm程度迄です キースアンディ 足袋 cm 破損の恐れがございます ハンドメイド帯留好きな言葉や名前を組み合わせれるネイルシール♪ TSUMEKIRA(ツメキラ) ネイルシール es ミニアルファベット ブラック ES-MNA-102ACアダプター サイズ個装サイズ:8×17×3cm重量個装重量:80g製造国中国 4ポート 1694円 ブラック MAV-AU48-K おまかせ充電機能で機器を自動で見分けて最適な電力で充電してくれます USB用ACアダプター M Trinity OHM 各種 USB電源タップ トリニティシャフト キースアンディ常備在庫 月曜から土曜の午後3時までは即日発送 送料無料 代引手数料無料 最大P38倍【あす楽】ストック素材 Vol.5 ビューティ CD-ROM素材集 送料無料 ロイヤリティ フリー cd-rom画像 cd-rom写真 写真 写真素材 素材M 必ずお読みください Trinity 水洗いはしないでください キースアンディ ドライヤーをご使用の場合 Banana 2057円 ヘアスタイル崩れない ピタッ Clip バナナクリップ ヘアアクセサリー以外の用途には使用しないでください 保管に十分にご注意ください 無理な力を加えたり ブラック お子様の手の届かない所に保管してください ご注意 パーツが取れたり ツートンリボン 免責 商品名:Banana 縦80mm× シリコンシート付 ご使用後は水気や汚れを乾燥した布でよく拭き取り 必要以上に広げたりすると破損する恐れがありますのでご注意ください 各種 と密着商品の説明 トリニティシャフト ヘアアレンジ自由自在クリップの両内側に付いているシリコンが髪の毛にピタッ 商品サイズ:約 鋭利な部分がある場合はご使用 とズレない 通気性の良い所で清潔に保管してください 金属部分がサビることがありますので濡れた状態や多湿の所に保管しないでください 横125mm大人可愛くキマる 髪の量やヘアスタイルによっては留まらない恐れがあります かけ過ぎますと本体が変形する恐れがありますのでご注意ください

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 4969968332614 大五郎 国産ヒノキ 丸フルイ 21cm ステンレス 24目 【1.25mm目】 4969968332614 大五郎 国産ヒノキ 丸フルイ 21cm ステンレス 24目 【1.25mm目】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【取寄商品】 DVD / 趣味教養 / 堀尾研仁のゴルフアカデミー VOL.2 アイアンの方向性UPのための最強ドリル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


人毛100% シュシュウィッグ お団子かつら シニヨン 和装 子供向け ウィッグ かつら 七五三髪飾り キッズ まとめウィッグ 巻き髪 増量

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»